* Missie * Blog * 犬はカラー(毛色)じゃない!
サルーキとチワワに囲まれ愛犬中心な生活を送ってます(o・ェ・)rドッグショー・子犬情報etc...
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とても極端なタイトルの記事ですね(^^;
こんなシンプルな言い方をすると誤解されそうですが
わたし達がサルーキを選ぶ際に気に留めていることなのです。


我が家のサルーキ軍団を走らせてると本当に良く言われます。
『白い子が好きなの?』って
20100620_25.jpg
そうですよね。
確かにクリーム系が多い!!

でもね
たまたまなのですよ、クリームのサルーキが多いのは。



アイライン、リップ、鼻、皮膚、パットなどから確認できる
色素がしっかりしてることが前提で
お仲間の清水さんも私もカラー(毛色)の好みは個人的にあります。

ただし
サルーキを選ぶ時はカラーよりも犬質!!!!


ウォッカ、アリエル、クラウザー、
そしてファミリーの代表ランピーとシシーもクリーム系。
ラティファはフォーン、シェルはブラックタン。
今年、新たにファミリーに加わったシェイクとファラはグリズル。(えりさんちの子です)

わたし達ファミリーのサルーキたちは みんな好みのカラーうんぬんではなく
犬質重視で選ばれ迎えられました。


繁殖に携わるからこそ血統の知識、遺伝疾患などの情報収集、
賞歴だけに惑わされずに見極める目を更に磨いて
これからもこのスタンスは変わらずに行きたいと思います。



*ちなみにわたしの1stサルーキのティアラ(現8才)を迎えるときは
まだまだ勉強不足だったので 上には該当しません。
健全性、遺伝性の部分でも疑問はありますが
大事な大事な家族の一員です



ブログを書く励みになります
お手数ですがポチっとして頂けたら幸いです

にほんブログ村 犬ブログ サルーキへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ドッグショーへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
どうもです。そろそろ野営するのに良い季節になって来ましたね!来週末は残念ながら参加出来ませんが、皆さん楽しんで来てください!

さて.....
数日前、ラフの血統書が届きました。ノルウェイのサルーキ事情(ドッグショーの持つ意味はどのように理解されているのか?ブリーダーハンドラーがほとんどなのか?etc.)は詳しくないので意見できる立場にありませんが、
”正しい”ブリードを何代にもわたって続けて行くうえで、ショーでの評価は重要であることは否定できないと思います。
Hiroさんが賞歴に左右されない”目”をお持ちであるか、これから徐々にわかってくる事だと思っています。i-236
とは言ってもやっぱりラフはかけがえのない子ですから、僕の彼への評価は変わらないんですけどね。i-239
長文失礼しました~。
2010/09/11(土) 21:04 | URL | ラフ父 #-[ 編集]
>ラフ父さん♪
レスが遅くなり申し訳ございませんm(_ _ )m

> ”正しい”ブリードを何代にもわたって続けて行くうえで、ショーでの評価は重要であることは否定できないと思います。
わたしは”正しいブリード”と言い切ることは難しいと思っていますが
繁殖に踏み切るにあたってショーでの評価ももちろん参考にしてますよ(*^-^)

もしもわたしたちが国内外のドッグショーでの評価を否定している人間であれば
わざわざ全国各地のドッグショーへ意欲的に参加をすることもないでしょう。

そもそも自由に広い大地を走り回るのが大好きなサルーキですからショーが苦手なのは当然。
他犬種も多く独特の雰囲気ただよう会場の狭いリンクをトロットで走ること、
見ず知らずの人間(ジャッジ)に体を触られること…
ちっとも楽しくないでしょう。

我が子のように可愛いサルーキたちが人間のエゴでショーを走るワケですから
少しでも苦でないように、楽しいと思ってもらえるように
わたし達は神経を使い、時間を使い、愛情を注ぎ、
時には周りの方々の協力も得ながらショーエントリーしているんですね。

もちろんそれなりの練習も運動も続けてます。
決して楽ではありません。

だからこそ本番で納得が出来るショーイングができ、
ジャッジが高い評価を下されば それは嬉しいものです。

ちょっと長くなりましたが(^^;

…かと言って
ショーの評価だけで犬を判断することはありません。

なぜならばハンドラーの技量で左右されることもありますしジャッジも人間です。
色々な方がいらっしゃいますから(*^-^)


これからもラフくんが健康で幸せな犬生を送れますように★

季節の変わり目です。
お身体ご自愛ください(*^-^)
2010/09/16(木) 15:43 | URL | ひろ@管理人( ・ω・) #-[ 編集]
hiro さん、お返事ありがとうございます。

ナンダカ論点がズレているような気がしますが、僕の言いたい事は「血統書からは判断できないクラウザーの可能性」にとっても期待しています!ってコトです。

クラウザーの血統を否定してる訳でもショーの存在に疑問を感じてる訳でもありません。

人生の伴侶として(ショードッグが欲しいわけぢゃないんです)サルーキを迎えたかった僕にとって、ラインブリードで狙った形質をキチンと出してる子よりも、ちゃんとした両親同志のアウトブリードから産まれた子の方が魅力的に感じるのです。(素人考えですが。)

だから、hiroさんにもクラウザーにもとても感謝しています。いつかお会い出来たら、クラウザーを選ばれた理由などもお聞かせ頂けると(親バカ者としては)とっても嬉しいです。i-237
2010/09/17(金) 10:12 | URL | ラフ父 #-[ 編集]
ご無沙汰してマ~ク♪
ワタシも毛色は予定とは少々違う子たちをお迎えしましたけども、一緒に暮らすなら、性格と健康が大事だな~と思います。
どんな容姿や体質に生まれてもその犬には責任はありませんもんね。かわいい我が子です。
賞歴にこだわりすぎると、その子そのものより、そっちばかりに目がいっちゃいますもんね。
↑キャンプですか~。わんこ連れて行ったことないです。仲間と一緒だと、更に楽しそうですね。
気をつけて行ってきてくださいね~。
2010/09/20(月) 18:31 | URL | hiropuri #VxzFlrN.[ 編集]
>ラフ父さん♪
遅くなってすみません!!

クラウザーを選んだ理由は まずは私たちのメスに使える血統であったこと。
(もちろん何代も先までシュミレーションしながら考えてます)
敢えてこの血統が魅力でした。
そして両親と先祖のタイプ、子犬たちの動きなどのさまざまな情報から決めました。


近いうちに是非!お会いできたら嬉しいです(*^-^)
サルーキたちに囲まれながらサルーキ談義したいですね!!
(野営については色々と教えて下さい★)
ラフにも会いたいですし!!!

またお声を掛けさせて頂きますのでご都合が合えばご一緒してください(*^-^)



2010/09/25(土) 13:07 | URL | ひろ@管理人( ・ω・) #-[ 編集]
>hiropuriさん♪
こんにちは!!
こちらこそご無沙汰してマーク♪♪

その後マーちゃんの体調はいかがでしょうか?
北海道はだいぶ冷え込んできてますよね。
hiropuriさんもお身体、大事にしてくださいね!!


お言葉がとても胸に沁みます…。
健康と性格!重要ですよね(*^-^)


わたし達も繁殖に携わる以上、血統の把握と遺伝疾患の情報収集は欠かせないと思ってます。

以前に辛い病魔と闘い若くして亡くなったサルーキのオーナーさんからお手紙を頂きました。
パピー時代の幸せな思い出、そして病が発症してからの辛い日々。
時期を追いながら症状を含めてとても細かく教えて下さいました。

辛かっただろう、悲しかっただろう、悔しかっただろう…
今思い出しても私まで涙が出てくるくらい。

そんな想いをされてるサルーキ、飼い主さんがたくさんいらっしゃるのですよね。

辛い思いをするサルーキと飼い主さんが居なくなりますように!
わたし達も遺伝疾患を持つ仔を産みださないように出来る限り努めていきます。

遺伝疾患、危険な繁殖について改めてメールさせて頂きますね。


犬連れキャンプはとても楽しかったですよ♪♪
大人は水着もないのに川遊びにハマり!ずぶぬれになったり(^^;
わたしはえりさんちのアオトくんの水着姿に萌え~でした(*^-^)
機会があれば是非!ご一緒できたら嬉しく思います!
2010/09/25(土) 14:13 | URL | ひろ@管理人( ・ω・) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密:                     管理者にだけ表示を許可する
 
   
相互リンクレーシック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。